個性に見合う働く場所の確保

2月27日は、党の部会出席の後、超党派の「障害者の安定雇用・安心就労の促進を目指す議員連盟」設立総会に出席しました。障害のある方々の個性に見合う働く場所の確保にも取り組みます。
昼には仏教議員連盟総会に参加しました。全日本仏教会とのつながりで、実家のお寺が西山浄土宗ということもありご縁が深まっています。新体制で事務局長代理を務めることになりました。
午後、党のエネルギー調査会総会へ。党の新しい法案骨子が示されました。私からは安全かつ現実的なエネルギー確保に向けていくつか質問しました。
打ち合わせの後、書類作成など。
夕方、働き方改革検討のための合同会議へ。意見集約に向けた議員間協議。私からは教員の長時間労働規制について今法案での扱いを確認しました。中教審など政府で検討が進む状況をみながら給特法の取り扱いも含めてルール見直しの検討を行う方向です。
続いて、党の憲法調査会へ。教育を受ける権利については文言含めて確定。財政、緊急事態条項、解散権の制限についても議論しました。緊急事態条項を設ける場合やはり人権の制限のあり方が焦点になりそうです。武力攻撃やパンデミックなど、事態ごとの具体的な検討をする方向です。

衆議院議員 きいたかし 福岡10区