国道3号線黒崎バイパスの建設促進・早期開通を

 

 

2020年2月25日(火)衆議院予算委員会第八分科会

(前略)

○城井分科員

続きまして、国道三号黒崎バイパスの建設促進についてお伺いしたいと思います。

国の力添えもありまして、これまでに五・八キロの予定のうち五・二キロが開通をいたしました。

国道三号や周辺道路の渋滞緩和、東西方向の所要時間の短縮と定時性の向上が図られ、都市高速道路に接続されたことで、小倉都心部などへの速達性、定時性が向上いたしました。

しかし、国道三号の現道や国道二百号に未接続でありまして、国道のネットワークが形成されていないため、本来の効果が十分に発揮されていません。

そのため、前田ランプ出入り口やその周辺の市道、国道三号の筒井町交差点及び樋口町交差点で依然交通混雑が発生しています。

このバイパスの早期開通は、黒崎副都心の再生など、北九州市の活性化の鍵を握っております。

残る春の町ランプ、黒崎西ランプ、陣原オンランプの早期供用が図られるよう、道路予算総額を拡大、確保して、本道路整備予算を確保すべきと考えますが、大臣、見解をお聞かせください。

 

○赤羽国務大臣

黒崎バイパスの整備促進につきましても、同じように地元から強い要望を頂戴しております。

国道三号の交通混雑解消等を目的とした重要なバイパス事業だというふうに認識をしております。

お話しありましたように、全体五・八キロのうち、平成二十四年までに東田から陣原間の延長五・二キロ間も開通をしておりまして、東側の国道三号に接続する〇・六キロメートルの区間と黒崎西ランプ、陣原ランプの三区間が未開通となっております。

これは御地元ですからよく御承知だと思います。

そのうち、東側の国道三号に接続する〇・六キロ区間におきましては、これはJR鹿児島本線をまたぐ橋梁の工事などを推進しておりまして、令和元年度も補正予算を投入するなど、整備の加速を図っているところでございます。

また、残る黒崎西ランプと陣原ランプにつきましては、工事着手の準備を行っておりまして、準備が整い次第、順次工事を進めていく予定としております。

令和二年度につきましても、橋梁の工事等を推進し、早期の全線開通に向けて事業を推進してまいる決意でございます。

以上でございます。

 

○城井分科員

引き続きよろしくお願いしたいと思います。

(後略)

衆議院議員 きいたかし 福岡10区