なるか、北九州空港の滑走路延伸!

この2年間も私から繰り返し政府に実施を訴えてきた北九州空港の滑走路延伸。

滑走路を500メートル延伸すれば、この10年他の空港に奪われ続けた大型貨物機やジャンボジェット機による数々のビジネスチャンスを北九州地域で生かすことが出来ます。

(ここ2年の衆議院予算委員会分科会でも私から国土交通大臣に対して、逃したビジネスチャンスの実例を直接示しながら延伸を訴えました)

一部の噂で、来年度予算案に盛り込まれた、との情報がありましたので、国土交通省に尋ねてみました。

 

以下、国土交通省の回答です。

 

▼北九州空港滑走路延伸に関する予算

国土交通省航空局によると「現時点で具体的な事業については確定していない」。

①令和2年度予算案における「一般空港等」の予算は、1,153億円
②ただし、北九州空港の滑走路延伸については「現時点で具体的な事業については確定していない」ため、回答できない。

 

以上が回答でした。

 

来年度予算案の資料によれば、「安全区域の整備」が予算項目にあり、この整備と共に滑走路延伸をやらなければその後の追加工事は困難と見込まれるので、この予算の内数に入っているのでは、と推察しています。

 

1月20日召集予定の通常国会で来年度予算案は審議されます。

私からも予算委員会分科会や質問主意書なども活用しながら北九州の活性化につなげる北九州空港の滑走路延伸への国の取り組みを引き続き促し続けます。

皆様からもぜひ応援お願いします。

 

【参考】

北九州空港の三千メートル級滑走路の早期実現に関する質問主意書(2019年11月19日提出 質問第88号)

北九州空港の機能拡充・利用促進について(2019年3月2日 衆議院予算委員会第8分科会

北九州空港の機能拡充・利用促進について(2018年2月23日 衆議院予算委員会第8分科会)

 

衆議院議員 きいたかし 福岡10区