私から提案した「高等教育未婚一人親支援法案」を法案審査、国会提出へ

1126日火曜日、文部科学省に大学入学共通テスト、記述式問題の採点請負業者の利益相反(自社利益のために国からの請負仕事の情報を流用)について質しました。基本的には公開情報だとの説明でしたが、採点請負業者がその試験対策の参考書や模擬試験や対策講座を売って良いとするのはやはりおかしい。

代議士会、本会議にも出席。

水曜日の文部科学委員会質疑に向けて質問通告も。私の質疑は政治家同士の議論を優先するため全て大臣にお聞きしています。この回は英語民間試験問題、記述式導入問題に絞りました。

共同会派の文部科学部会も開催、私から提案した「高等教育未婚一人親支援法案」を法案審査、国会提出へ手続きを進めました。

 

衆議院議員 きいたかし 福岡10区