学童保育の職員配置基準が緩められる内容に危険性を感じます

4月11日、朝から国民民主党の部会へ。地方分権一括法改正案の議論。学童保育の職員配置基準が緩められる(一人配置を可能にする)内容に危険性を感じます。
午前中に法科大学院・司法試験法改正案への国民民主党の対案の打ち合わせ。他党にも協力を呼びかけます。
続いて参院選政策検討会議へ。党内や国民の皆さんからも意見をいただく準備も進めます。
昼に代議士会、本会議へ。
本会議後、地元案件など対応していると、北九州市の幹部の皆さんがご挨拶に来られました。国への地元要望の実現へ、公正なルールのもと協力していく旨を話しました。

衆議院議員 きいたかし 福岡10区