いじめ防止対策推進法改正に向けた超党派勉強会、「この法案があったら我が子も救えたかも」

3月18日、いじめ防止対策推進法改正に向けた超党派勉強会に出席しました。いじめで自死されたお子さんのご家族の意見を涙をこらえながら伺いました。まもなく座長案たたき台が出来上がります。「この法律改正があったら我が子も救えたかも」との切なる声に応える法改正にせねばなりません。

国民民主党では、高等教育無償化法案の法案審査を目前に文部科学委員会理事の私を中心に修正案や附帯決議案の準備検討を続けています。
望めば学ぶチャンスがつかめる日本に。
野党第2党の力は限られますが、仲間と手を携え、裏付けある提案・対案をしっかり示して国会論戦に臨みます。

衆議院議員 きいたかし 福岡10区