世良俊明北九州市議は政治家きいたかしの生みの親の一人

11月29日、国民民主党の部会からスタートしました。階猛議員と私を中心に法科大学院と司法試験の改革案の取りまとめを行っており、法曹養成に関わる伊藤真弁護士から改革案に意見を伺いました。聞き取りを続けて改革案を磨き上げます。

午前中にいじめ防止対策推進法改正案の勉強会で教育関係団体から聞き取りと意見交換をしました。真面目に子どもたちと向き合う教員が萎縮しないように制度設計を考えてほしい、とのご意見。

昼からは議員会合、代議士会、本会議。
本会議では70年ぶりの漁業法改正案、ヨーロッパとのEPA、SPAの採決。漁業法改正案は地域事情の頭越しに企業参入を可能とするものでこれまでの調整メカニズムが崩れて面倒な状況になる恐れが強いと感じます。
最近の安倍政権は、内容は生煮え、裏付けデータは不正確かねつ造、国会審議時間は極めて短め、無理筋法案を強行採決、というのがあまりに続き目に余ります。国民民主党からも対案や修正案を一つ一つ示しているので、じっくり審議して国民にとってモアベターな仕組みづくりをやりたいと本当に思います。

本会議散会後急ぎ地元へ。夜は東京日程をごめんなさいして、世良俊明北九州市議の後援会会合へ。世良議員は政治家きいたかしの生みの親の一人。北九州市のリーダー兼知恵袋としてしっかり頑張っていただくよう支えていきます。
さて、これから最終便で上京です。

 

衆議院議員 きいたかし 福岡10区