私立大学等経常費補助(いわゆる私学助成)の前倒し

 

 

9月2日、「私学助成750億円前倒し…コロナ対策、対面授業再開促す」との一部報道について文部科学省に内容を確認しました。

私立大学等経常費補助(いわゆる私学助成)の前倒しを行うのは大学での対面授業を促すためだとの趣旨の報道内容に、仕組みが理解できない状況でした。

 

 

 

 

文部科学省によれば、各私立大学が新型コロナ対策の一環として授業料の延納や授業料減額免除等の支援を行いましたが、本来年度初めに入るはずの授業料が入らず減額免除も行うことで大学経営の資金需要が苦しくなることから、12月に支給する私学助成について前倒して実施して経営環境を支援することとしたとの説明でした。

この前倒しの説明を文部科学大臣が記者会見でした折に、コロナ禍にあっても学修機会の確保、対面授業実施を含む学生が納得できる質の高い教育提供をお願いした、との事でした。

報道は不正確だったと考えます。

 

 

 

コロナ禍を乗り越えるべく、引き続き学生と学校を支援していきます。

衆議院議員 きいたかし 福岡10区