年金機構の入力漏れ入力誤り問題

日本年金機構が去年8月、500万人分のマイナンバーや配偶者の年間所得額などの個人データの入力業務を東京・豊島区にある「情報処理会社」に委託したがこの会社が契約に違反し、データの一部を「中国の業者」に渡して入力業務を任せていたという問題。
厚生労働省を通じて日本年金機構の状況資料を入手しました。写真は資料の一部です。
再委託の禁止に反しているだけでなく、委託業者の入力漏れに入力誤り、その結果生じた源泉徴収額の誤り、納品の遅れ、守られなかった作業手順、無断での海外業者への再委託、報告書の未提出と虚偽など、委託業者の契約違反内容が山盛りです。
日本年金機構による対応は続いていますが、年金受給者にかかる負担を最小限にするとともに、なぜこうなったのか、原因究明と責任の明確化をきちんと求めます。

衆議院議員 きいたかし 福岡10区