教育現場への介入の問題・野党6党ヒアリングがニュースで取り上げられました

文部科学省による教育現場への介入の問題、野党6党ヒアリングを開催、座長を務めました。
何がきっかけで(誰から言われて)大臣など政務三役の指示なく個別の学校の授業内容や講師の言動の調査に走ったのか。異例の調査の法的根拠は何か。確認すべきことは多くあります。
教育現場への国家権力の介入はあってはならない、というのが我が国の基本中の基本です。私が文部科学大臣政務官だった時も含め、文部科学省は教育現場への介入には極めて抑制的だったのに何でこういう介入に走ったか、冷静に確かめます。
写真は本日の報道ステーション、NHKニュース7、ニュースウォッチ9、FNNで取り上げられた様子です。

 

衆議院議員 きいたかし 福岡10区