令和3年度大学入試(特に共通テスト)について「第1日程と第2日程の難易度の差異の影響は?」

 

 

7月22日衆議院文部科学委員会における萩生田大臣との質疑を受けて、令和3年度大学入試(特に共通テスト)の第1日程と第2日程の難易度の差異の影響、「共通テストをどの日程で受けたいか」を高校生対象に尋ねた文部科学省調査について、文部科学省に問い合わせました。

 

※回答が届きましたら、ホームページ上でご報告いたします。

 

 

○7月22日衆議院文部科学委員会における、日程間の難易度の差異に関連する萩生田大臣の答弁「その論理でいくと追試そのものが不公平だということにもなりかねません」について

 

(きいたかし)

従来の追試は、本試験をやむを得ない事情で受けられなかった、そのままでは零点になってしまう受験生の救済として、十分に機能しており、ある程度の難易度の差があっても当事者はそれでも納得し、ありがたいと思う措置である。

これに対して、今回の2つの日程は、単純にどれを選ぶかによって有利・不利が生じるという不公平さがある、という点がまったく違う。

わざわざ学力と関係のない誤差を持ち込むものである。

大臣答弁にあるように「その論理でいくと追試そのものが不公平だということにもなりかね」ないのか、文部科学省の見解如何。

 

 

○7月22日衆議院文部科学委員会における、日程間の難易度の差異に関連する萩生田大臣の答弁「同じ大学の同じ学部であってもAO入試や推薦で入る方もいらっしゃるわけです」について

 

(きいたかし)

AOや推薦は一定の枠を別にとって、それぞれの観点から優れた者を入学させて多様性を確保しようという意図がある。

これに対して、今回の2つの日程は、1つの受験枠の中で、それらの成績をそのまま比較して合否を決めるので、多様性とは何の関係もなく、上述の有利・不利による不公平さがもろに現れるものになってしまうのではないか。

この大臣答弁は「だから、第1日程で入る人、第2日程で入る人がいて、その間に難易度の違いがあっても、それはAO、推薦、一般入試で合格のしやすさが違うのと同じではないか」という論理だと推察するが、文部科学省の見解如何。

 

 

○文部科学省が高校生を対象に「共通テストをどの日程で受けたいか」について尋ねた調査について

 

(きいたかし)

この調査の結果を明らかにされたい。

 

衆議院議員 きいたかし 福岡10区