この国と国民を守りたい ~ 衆議院選挙立候補にあたって

2017年10月10日

きいたかしです。

 

日頃から本当にお世話になっております。

 

本日、第48回衆議院議員選挙が公示されます。

私きいたかしは土俵際の戦い、何としても勝って仕事でご恩返しを、との思いを胸に、希望の党の公認で衆議院福岡10区と比例代表九州ブロックから重複立候補いたします。

政治浪人を続けたこの4年10か月。

本当にたくさんの皆様の激励と善意と応援をいただき、多くのハードルや苦労を乗り越えて政治活動を継続することができ、本日の立候補までたどり着くことができました。

 

このおかげ様を生涯忘れることはありません。

 

4年10か月、ひたすら地域を歩き、ひとつひとつの声を聞きました。

自民党政治は自己責任を押し付けるけれど、応えるには限界があること。

加計学園問題に代表されるエコひいきが放置される安倍自民党政治へのいら立ちが国民に募っていること。

 

私は、変えるための選択肢と受け皿になろう、私がそういう野党の受け皿を作ろうと思いました。

目指すのは、希望を分かち合う社会、 望めばスタートラインに立てる国です。

 

子どもの一人立ちを支えたい。

老後の見通しを立てたい。

貯蓄ゼロでも不安ゼロまでたどり着く工夫をしたい。

地場・中小企業の踏ん張りを支えたい。

非正規の方の希望を支えたい。

 

皆さんのささやかな願いを形にする仕組みを作りたいのです。

 

反対のための反対ではなく、現実的な改革提案を国会で競います。

地元北九州を世界の先進モデルにするお手伝いもお任せください。

この国と国民を守りたい。平和主義の下、国民生活をしっかり守り下支えしていける国に日本を改革していきます。

 

今度こそ、勝たねばなりません。

今度こそ、勝って改革仕事を成し遂げる。

今度こそ、勝って地元故郷北九州の皆様に仕事でご恩返しをせねばなりません。

今度こその気持ちで12日間の選挙戦を戦い抜きます。

 

組織選挙で上から押さえつける自民党に対抗するべく、一人ひとりのお力を束ねて地域の力で押し上げる闘いで頑張りたいと思います。

どうか、ありったけの応援・ご支援をよろしくお願いいたします。

きい たかし 拝