メッセージ 2015年10月1日

安倍政治の理不尽と闘う  ~ 政権交代で憲法違反をただす ~

2015年10月1日

皆さん、こんにちは。元衆議院議員のきいたかしです。いつも応援いただきありがとうございます。必ずや国政復帰を果たして再びお役に立つべく、この間も丹念な地域訪問を中心に、夏祭り、盆踊り、敬老会、体育祭など地域イベントにも積極的に参加・お手伝いしながら来たるときに備えています。

 

安保法の強行採決・成立に抗議

忘れもしない9月19日未明、安倍自民党政権は、安全保障法を衆議院に続いて参議院でも強行採決に及び、成立させました。民主主義も立憲主義も平和主義も壊す戦後最悪の暴挙であり、強く抗議します。決め方では解釈改憲で「国民
が憲法で権力を縛る」という立憲主義を踏みにじり、内容も「自衛隊が自ら戦争に加わる」「我が国が海外での武力行使に及ぶ」という憲法違反を放置したままという「違憲立法」を私は許せません。

国会審議でも、政府の新三要件さえ満たせば、「我が国を攻撃していない国」「我が国に対する攻撃の意思がない国」へ自衛隊による武力行使・先制攻撃をすることがあること、戦闘中の後方支援でミサイルや毒ガス、生物兵器を自衛隊が運べることなど、憲法違反を裏付ける大臣答弁が続出、安保法の違憲性が明らかになりました。

 

理不尽と闘う野党の結集を

安倍自民党政権によって平和主義が壊され、派遣法改悪等により雇用・経済・教育・地域の格差も広げられました。理不尽な現状を私は見過ごせません。安倍自民党政権の責任は極めて大きいですが、昨年暮れの総選挙で自民大勝を許した民主党にも責任があります。この反省に立った上で、選挙でやられた暴挙を選挙でひっくり返したい。一人でも多くの方に選挙へ行っていただけるよう受け皿を作らねばなりません。「憲法違反である安保法制・集団的自衛権部分の白紙化」、「理不尽な不公平の是正」を行うため、政策軸が明らかで政権を担える野党結集に仲間と尽力します。

人間の暮らし。子どもたちの未来。日本の伝統文化。守るべきを守るために、安倍政治の「理不尽」と闘い続け、人間に寄り添う本当の改革を実現します。

今後とも私の政治活動へのご協力をよろしくお願いします。

 

きい たかし 拝