北九州市の主要幹線道路の整備を促進すべき

 

2020年2月25日(火)衆議院予算委員会第八分科会

(前略)

○城井分科員

最後に、北九州市の主要幹線道路の整備推進についてお伺いしたいと思います。

二問一括でお伺いをいたしたいと思います。

広域道路ネットワークの形成や緊急輸送道路の確保のため、国による確実な予算配分をすべきだと考えています。

特に、補助国道では国道二百十一号、地方道では恒見朽網線、湯川飛行場線など、そして、都市計画道路では戸畑枝光線、砂津長浜線、日明渡船場線、九号線高野工区などの整備推進を図るべきだと考えております。

このうち、補助国道では国道二百十一号、そして地方道では恒見朽網線、湯川飛行場線、都市計画道路では戸畑枝光線、砂津長浜線については、特に、広域道路ネットワークの形成と災害時における緊急輸送道路を確保するためということで、重要物流道路への指定を迅速に行って、引き続き確実な予算配分をすべきだと考えますが、大臣、これらの道路についての取組、いかがでしょうか。

 

○赤羽国務大臣

ちょっと若干地理的に間違っているかもしれませんが、今委員御指摘の恒見朽網線ほか四路線につきましては、これは工業団地へのアクセス道路であり、また、ストック効果を高める道路事業として重点的に既に支援をしているところでございます。

また、地域高規格道路でございます戸畑枝光線は、これは補助事業として計画的かつ集中的に支援をさせていただいております。

また、五路線でいいんですかね、地元の北九州市からも重要物流道路への指定をもういただいているとこの五路線については承知をしております。

これらの五路線につきましては、地方中心都市や空港、港湾等の主要な拠点間を結ぶ道路であるかなどの重要物流道路の要件に照らして、指定の有無については今後判断してまいりたいと考えております。

いずれにしましても、道路のネットワークを形成するということは、物流、観光、そして、いざ災害というときに大変重要だというふうに認識をしておりますので、地元の御要望を踏まえて、国として適切に支援してまいりたいと考えております。

 

○城井分科員

ありがとうございました。

物流、観光、災害対応などに加えて、物づくりという部分でも、今ほど申しましたネットワークの形成というのは大変重要だというふうに考えておりまして、北九州市の特性を生かして日本の発展に資する、その取組にもつながっていくというふうに思いますので、引き続きの御支援をお願い申し上げまして、質疑を終わりたいと思います。

ありがとうございました。

 

○伊藤主査

これにて城井崇君の質疑は終了いたしました。

衆議院議員 きいたかし 福岡10区