中立性に欠ける生煮えの政策

5月8日、文部科学委員会で令和最初の質疑に立ちました。法科大学院・司法試験連携法の改正案及び国民民主党提出の対案について。
平成の積み残し、法科大学院在学中の司法試験受験が審議会を経ることなく利害関係者の一部にだけ話を聞いた上で政府案として出された件から。中立性に欠ける生煮えの政策であり、審議会をきちんと経てから政府案を出し直すよう求めました。他の意見も聞いたと法務副大臣は答弁しましたが、その裏付け資料も出さずに「ご理解を」と言う。行政プロセスのチェックが仕事の立法府を軽視していると言わざるを得ません。
質疑終局後、討論にも立ちました。採決となり、抜本改革から逃げ法科大学院の延命を図る政府案には反対、抜本改革を提案した国民民主党の対案に賛成をしました。

衆議院議員 きいたかし 福岡10区