社会全体で暴力追放

8月20日、北九州市民暴力追放総決起集会に地元衆議院議員として出席(国会議員の本人出席は私だけでした)、パレードにも参加しました。
国会に戻していただいてから10ヶ月、反社会的勢力への対応を国家公安委員会や警察庁、自治体警察などと連携しながら対策推進に取り組んでいます。この間、いわゆる頂上作戦によって市内の治安は相当に向上できていますが、加えて防犯カメラ設置支援や暴力団員離脱者の社会復帰支援強化(組に戻らなくて良い仕組みづくり)など、北九州市から国へ出している政策要望をひとつひとつつないで取り組みを促してきました。以下は取り組みの一例です。

暴力団対策の推進に関する質問主意書(平成29年11月22日、衆議院議員きいたかし提出)

http://kiitaka.net/archive/question2/20171122-052/

社会全体で暴力追放に取り組む北九州市選出の衆議院議員としてこれからも微力を尽くします。

衆議院議員 きいたかし 福岡10区